まゆちゃんデス!ブログ

スコティッシュフォールド(猫)の「スコちゃん」の日常を描いた脱力系漫画です。

太陽の塔に入館して来た!【岡本太郎】

万博記念公園内にそびえ立つ太陽の塔

48年ぶりに今年の3月から入館出来るようになりみゃした!

 

f:id:mayuchandesu:20181106223931j:plain

入館するには事前予約が必要ですにゃ!

こちらから会員登録をして日時を選択して予約をします。

 

塔内では全て階段での移動になるので車椅子やベビーカーを利用する場合は、この時にエレベーターの予約もします。

塔内では入場制限があり30分毎に予約が取れます。

f:id:mayuchandesu:20181106223928j:plain

当日は太陽の塔の中でチケットを引き換えます。当日だったら何時でも引き換え可能です。

 

塔内に入るとすぐに岡本太郎、太陽の塔グッズの売店があります。万博記念公園入り口ゲート手前にも同じものが売っている売店がありますので、どちらで買っても良いです。

 

スコちゃんはTシャツ、コアラくんは本を買いみゃした

 

f:id:mayuchandesu:20181106223930j:plain

入場する前に、お手洗いを済ませてみゃしょう

入場ゲートを入ると、この先はお手洗いがありみゃせん

塔内を限られた30分間を満喫するためにトイレを済ませるのです

 

予約時間の20分前から入場可能です。早めに入場するべし!

館内は飲食、撮影禁止です

 

入場すると、壁に岡本太郎氏が描いた太陽の塔のスケッチのプレートが展示されており、地底の太陽が展示されております。

地底の太陽にプロジェクションマッピングで2パターンの映像が流れます。

幻想的な雰囲気で、ワクワクが止まらなくなるのです!

 

予約時間になると係員が十数名ずつ中に案内して、生命の木の1番下のゾーンから説明してくれます。一通り説明が終わると、階段を登って上のゾーンへ移動(足が不自由な方はエレベーターを使用出来ます)そこでまた係員から説明を受けるのを繰り返しながら生命の木の1番上まで行きます。

 

f:id:mayuchandesu:20181106223922j:plain

スコちゃんが感動したのは太陽の塔の腕の中

SFの世界にやって来た!なんやこれ~!?と思ったのでした

 

塔内は完全に異空間でした!生命の樹の上にいる生き物を見ていると自分の体の大きさがわからなくなって不思議の国のアリスを疑似体験したような感覚に落ち入りました。

f:id:mayuchandesu:20181106223916j:plain

夜の太陽の塔は目が光っていて妖怪っぽいです

太郎の世界を満喫したスコちゃんとコアラくんでした

 

詳しくはコチラを御覧下さいにゃ

taiyounotou-expo70.jp

 

↓ 「太陽の塔展」に行ってきた記事です

www.mayuchandesu.com

最後まで読んで下さりありがとうございみゃした